一時的に預けたい

一時的に預けたい
一時保育や病後児保育、ファミリーサポートセンターなど
急な残業や冠婚葬祭、たまにはゆっくり美容院へ行きたい…など、ときには誰かの手を借りることが必要なときもあると思います。あなたをサポートする一時預かりの制度が多数ありますので、上手に活用しましょう。
ここでは、“例えばこんなとき、どんな制度を利用できるのか”、ご紹介します。

1.たまには子どもから離れて、「自分の時間」を持ちたい。リフレッシュしたい。
2.短期間アルバイトをする、就職活動をする、家族の看病へ行きたい。

いちかわファミリー・サポート・センター」が利用できます。
生後2ヵ月~小学6年生までのお子さんの預かりや送迎などを、地域の会員同士で行っています。
冠婚葬祭や保護者のリフレッシュなど、いろいろな場合に使用できます。会員の家庭でお預かりするので、お子さんにとっては、もうひとつの家族のような温かな存在となります。まずは登録しておくと安心です。
認可保育園の一時預かり・特定保育」が利用できます。
生後6ヵ月~就学前までのお子さんを、一時的に保育園でお預かりします。保護者の短時間就労や就職活動、リフレッシュのためなど、いろいろな場合に利用できます。ただし、利用日数に限度があります。

風邪が治ってきたけれど、まだ保育園へ行かせるのは心配。

病後児保育」が利用できます。
お子さんが病気回復期にあり、安静にしていることが必要なときで、仕事などの都合で家庭で看病できない場合に、医院などの保育施設でお子さんをお預かりします。 対象年齢(概ね生後3ヵ月~小学校6年生)や保育時間・曜日は、施設によって異なります。もしものときのために、あらかじめ登録しておくと安心です。

1.仕事が遅番の△曜日は、保育園へ迎えに行って、少しの間預かってほしい。
2.妊娠中で、上の子の幼稚園の送り迎えが大変。

いちかわファミリー・サポート・センター」が利用できます。
生後2ヵ月~小学6年生までのお子さんの預かりや送迎などを、地域の会員同士で行っています。
朝早く出勤される保護者の代わりに、朝少しの時間預かったあと保育園へ送っていったり、夕方保育園へ迎えに行って、保護者が帰ってくるまで自宅で預かったりと、もうひとつの家族のような温かな手助けをしてもらえる制度です。まずは登録しておくと安心です。

泊まりの出張があるので、宿泊の預かりをお願いしたい。

こどもショートステイ」が利用できます。
満1歳以上18歳未満のお子さんを、保護者が疾病・出産・仕事などの都合で家庭で養育できないときに、宿泊(6泊7日以内)、夜間(18時~22時)、休日(7時~18時)の間、児童養護施設でお預かりします。

上記のような、公的サービスを利用できなかったら・・・

民間のサービスも多数あります。ご検討ください。
□市民活動団体、NPOなどによるサービス
例えば・・・・
●アンティ・マミー
子育て支援ボランティア(アンティ・マミー:お母さんみたいな隣のおばさん)によるお子さんを預かる活動です。公民館などで地域ごとに月1~2回実施しています。10数人のお子さんたちを、アンティ・マミーと保育士とで2時間500円でお預かりします。お母さんたちに息抜きタイムをプレゼント。 詳しくはこちらへお問合せください。
さかえ・こどもセンターこあらっこ・こどもセンターシーガル・こどもセンター妙典保育園地域子育て支援センター
こどもたちとおばあちゃん
簡易保育園や民間事業所の託児サービス、24時間保育など
ベビーシッター
page top

一時的に預けたい

相談したい
友達、仲間をつくりたい
イベント&遊び場