地域型保育事業を利用したい

地域の状況に合わせ、家庭的な環境の中で保育を行う定員19人以下の小規模な保育施設です。
また、認可は受けていないものの、「幼稚園」と同じような教育を独自に行っている幼稚園類似施設、認可保育園とは違った特色や独自性があり、園によって特色がある簡易保育園(認可外保育園)のご紹介です。

地域型保育事業

待機児童の多い0~2歳児を対象とする保育で、4つのタイプがあります
4つのタイプ
家庭的保育事業家庭的な雰囲気のもとで、少人数(定員5人以下)を対象にきめ細やかな保育を行います。

小規模保育少人数(定員6~19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細やかな保育を行います。

事業所内保育 会社の事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもを一緒に保育します。

居宅訪問型保育 障害・疾患などで個別のケアが必要な場合や、施設が無くなった地域で保育を維持する必要がある場合などに、保護者の自宅で1対1で保育を行います。

家庭的保育事業の概要

市川市では、家庭的保育事業(旧ファミリー・まま制度)を実施しています。市が認可した家庭的保育者が保護者に代わり、居宅という家庭的な雰囲気の中、認可保育園と連携を持ちながら保育を実施するものです。
利用には、保護者が「保育の必要な事由」に該当している必要があります。
市が認可した家庭的保育者とは
①市内に在住する65歳までの者
②保育士又は子育て経験を有する者
③家庭的保育者及び同居の家族が健康で、家庭的保育に専念できる者
④市が行う研修を修了し、市長の認定を受けた者
以上の条件を全て満たした人物です。

対象年齢 生後6か月の0歳児から2歳児まで
入園条件 ○保護者:「保育の必要な事由」に該当していること
○お子さん:『3号認定』(0歳~2歳、保育認定)
○乳幼児と家庭的保育者との間に3親等以内の親族関係がないこと
保育場所 家庭的保育者の居宅
利用者負担額(保育料) 保育園保育料と同額で、
家庭的保育者へ直接払いとなります。
→ こちら

家庭的保育事業一覧
→ こちら
利用申込みの流れ
申込みの前に必ず家庭保育者宅の見学が必要です。
その後の申込みの流れは、保育園入園の手続きと同様です(→こちら

幼稚園類似施設

認可は受けていないものの、「幼稚園」と同じような教育を独自に行っている施設です。教育目的などは、ごく一般的な私立幼稚園と変わりないところが多いです。
調べましょう、選びましょう
幼稚園類似施設一覧

保育料や保育理念、保育時間など
施設により異なります。各施設にご確認ください。

●保育料の補助があります。
私立幼稚園に準ずる施設であると市教育委員会で認めた施設については、保護者に対して補助があります。補助対象となるのは、市内に3施設と江戸川区に1施設があります。申請書は施設を通じてお渡しします。 →こちら
入園のお申し込み
各施設へお申し込みください。

簡易保育園(認可外保育園)

認可保育園に該当しない保育施設です。入園条件は、各園によって異なります。広さや園庭などの設備が認可保育園より狭いなどの不十分な場合がありますが、一方で、駅に近いなど、送り迎えに便利な立地だったり、時間外保育が充実しているなどのメリットもあります。
認可保育園とは違った特色があったり、独自の保育理念に基づいて運営している園が多数あります。園によって特色があるので、入園を希望される場合は、必ず見学をして説明を受けましょう。
調べましょう・選びましょう
簡易保育園一覧
近くの簡易保育園を地図から探す

こちらも参考にしてください  →厚生労働省「よい保育施設の選び方十か条」
保育料や保育理念・保育時間など
園により異なります。各園にご確認ください。

保育料の補助があります。申請してください。
市川市では、簡易保育園にお子さんを通園させている方の経済的負担を軽減するために、補助金を交付しています。市川市・船橋市・松戸市・浦安市・鎌ヶ谷市・葛飾区・江戸川区の簡易保育園が対象です。諸条件があります。
 →こちら
入園のお申し込み
各施設へお申し込みください。
簡易保育園補助金に関する「よくある質問」
PDFファイルダウンロード(別ウィンドウでPDFファイルが開きます)
page top

認定こども園を知りたい

相談したい
友達、仲間をつくりたい
イベント&遊び場