【2015年2月】教えて先輩ママ!~子どもの習い事選び~


入園・入学、新学期、春からお子さんに習い事を始めさせたいと思っているママ・パパも多いのではないでしょうか。
そこで、市川市内の先輩ママたちに、お子さんの習い事についての経験談、そして、これから習い事選びをする後輩ママ達へのアドバイスを伺いました。
習い事をする子ども

<習い事選びの経験談、失敗談など>


●幼稚園のお友達と遊ぶ方が楽しくて、習い事をお休みしてしまうこともしばしばあります。
始める時期を検討すればよかったです。

●幼稚園に入園し、水曜日が午前保育のため、午後に習い事をいれました。
入園当初は、お昼寝をすることもあり、お休みすることが多く、休まず通えるようになったのは年少の秋頃からです。

●車で送迎が必要な場所にある教室に通っていました。
下の子が生まれたら送迎が大変になり、辞めてしまいました。

●大手音楽教室なので、教材・カリキュラムはすばらしかったのですが、子どもにダメと叱る先生で、子どもの機嫌が悪くなり、一緒に参加する親も楽しくないので、辞めてしまいました。

●上の子のために通い始めた音楽教室ですが、下の子がじっとしていられず、大変でした。

●水泳教室で、進級がはやく上のクラスの行ったものの、溺れてしまい、水恐怖症になってしまいました。

●子どもが小さいうちは、子どものためというより、親が友人作りを楽しむために通っていた気がします。

スイミングスクールの風景

<習い事の意外な効果>


●親子で参加できる習い事で、先生の子どもとの接し方がすばらしく、自分の子育てにとても参考になりました。

●ダンスの先生がはっきり注意するタイプなので、子どもに伝わりやすく、聞き分けが良くなりました。

●下の子も歌を覚えて、楽しむこともあります。

●ピアノを弾けるようになるといいなと始めましたが、歌も上手になってきました。

●グループレッスンなので、協調性が身に付きました。

●人見知りでしたが、ダンスサークルに通い、人前で何かをすることに抵抗がなくなりました。

●水泳教室に通って、体力がアップし、風邪を引きにくくなりました。
頭からシャワーをかけても平気なので、お風呂が楽になりました。

●未就園児の頃、親子体操サークルに参加し、そのつながりのおかげで、小学校入学後も情報交換などができてよかったです。

●異年齢が参加するクラスだったので、小さい子の面倒を見るなどの優しい一面が見られました。

お稽古の風景

<後輩ママ達へのアドバイス>


●送り迎えも大変なので、通いやすいというのもポイントです。

●下の子どもがいる場合、一緒に連れて行くのが大変なので、無理して習わせなくてもいいと思います。
子どものためと頑張って、ママが疲れたら大変です。

●子どもの体調が悪くてほとんどお休みだったのに月謝が高かったという話を聞きます。
振替ができるとか、毎回参加した時だけ参加費を支払う習い事を探すのも手だと思います。

●何故その習い事をするのかの目的を常に確認して、習うこと自体が目的にならないようにするといいと思います。

●あまりたくさん習わせるよりも、お友達と遊ぶ時間も作ってあげる方が良い経験ができると思います。


先輩ママ達には、とくに失敗談について詳しくお話してもらいました。
お子さんの習い事選びの参考にしてみてください。

お子さんが小さいうちは、ママ・パパも一緒に参加するクラスが多いので、一緒に参加する親も楽しいということも大切ですね。

幼稚園に入園するお子さんは、新しくできたお友達との遊びの時間も大切にしてあげたいですし、習い事を始める時期は、お昼寝など生活のリズムのことも考えてあげるといいかもしれませんね。

習い事を始めて、子どもが何かできた時、その達成感でいっぱいのキラキラした目、笑顔を見るのは、親としてとても楽しいことです。
list page page top