産後ヘルプサポート

産後ヘルプサポート

産後ヘルプサポート」をご存知でしょうか?
出産直後、ママの身体はすぐに元には戻りませんが、動けるからと無理をしてしまうママも多いはず。
そこで、頼りになるのが「産後ヘルプサポート」。
様々なスタイルのサポートがありますので、ぜひ参考にしてください。

産前産後訪問サポート カンガルークラブ

カンガルークラブの説明のようす

NPO法人親そだちネットワーク ビジー・ビーが行う、妊娠中からおおむね生後6か月までの子どもがいる家族を対象にしたサポート。
今回は、こちらのサポートを実際に利用された方の様子をご紹介します。
利用されたのは、第2子を2カ月前に出産されてご実家から戻られてきたママ。まずはサポートの説明から。この際、ママだけでなくパパも一緒に説明を受けるケースもあるそうです。
サポートの様子

今回のサポート希望の内容としては、上のお子さんと公園で遊んでいる間の見守り、お掃除、夕ご飯の支度など。
1人1人に合わせたケア内容を事前に確認しても、当日の状態について臨機応変に対応したり、子育て情報も提供してくれます。
部屋の掃除をするサポーターさん

妊娠中の絶対安静時や、出産後に上の子と一緒の時間を持ちたいなどの理由から、第2子以降出産ママの利用が半数を占めるというのも納得です。

利用されたママからは、
「家事サービスと子どもの見守りをしてくれることが実質的には助かった。
また精神的にも、何気ない話を聞いてくれたり、来てくれるだけで安心した」

という感想をいただきました。

制度的には対象外のママも、子育てを一人で抱え込んでしまうのは大変です。
今回、お話を伺ったママも自分は対象でないから頼らずに何とかしなくては、という気持ちが初産の時は強かったそうです。
ちょっとキツイかな、と感じるママは、生まれて間もないお子さんとしっかりと向き合う時間を大切に、子育てをスタートしてください。

【申し込み・お問合せ】
NPO法人親そだちネットワーク ビジー・ビー
(http://busybeenet.ninja-web.net/)

産後ドゥーラ


最近、テレビでも話題になっている「産後ドゥーラ」。

一般社団法人ドゥーラ協会が行う産前産後のサポートで、家事や育児のサポートはもちろん、最終的にはその人らしい母親へ自立していける「母親サポート」を要としています。

全国に登録している産後ドゥーラ(産前産後ケアの専門家)を利用者がHP上から選んで、自分に合ったドゥーラを選べるのも大きな特徴です。

【申し込み・お問合せ】
一般社団法人ドゥーラ協会
(https://www.doulajapan.com/)

いちかわファミリー・サポート・センター


生後2カ月以上小学校6年生修了時までの子ども対象の事業。

援助内容としては、協力会員の自宅での預かりや保育施設への送迎を行います。

産前産後、上のお子さんの送迎だけをお願いしたい、通院するのに預かってもらいたいなどのスポット的な依頼については、こちらも利用できます。

登録するには、事前説明会への参加が必要です。

【申し込み・お問合せ】
ファミリー・サポート・センター
( http://www.city.ichikawa.lg.jp/chi01/1531000001.html)
(本部:047-377-5503 妙典支部:047-701-2321)

市川市産後家庭訪問支援ヘルパー派遣事業


市川市に住んでいる、出産後56日までのお母さんと赤ちゃんを対象に、家事や育児の支援が必要な方にホームヘルパーを派遣します。
申し込みは出産予定日8週間前から可能で、条件等確認のために面接があります。

お申し込みの際には、事前に子育て支援課にご連絡ください。

【申し込み・お問合せ】
市川市子育て支援課
(http://www.city.ichikawa.lg.jp/chi01/1111000060.html)
(市川市八幡3-4-1アクス本八幡2階 TEL:047-711-1736)

list page page top