いちかわっこ予防接種スケジュールナビ

市川市保健センターの「いちかわっこ予防接種スケジュールナビ」は大変好評で、現在多くのママが利用しています。
皆さんも登録されていますか?
スマホや携帯電話で予防接種のスケジュールが管理出来て便利ですので、まだご登録がお済でない方はぜひご登録ください。(登録無料)
登録方法はこちら↓
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub10/1111000129.html

(利用者の声)
「予防接種の種類が多くて管理が大変でしたが、一覧に整理して登録されるので、一目瞭然で今後の見通しが立てられます。また、接種日が近づくと事前にメールでお知らせしてくれるので受け忘れることがありません。」(30代8カ月・女の子のママ)

予防接種の悩み

予防接種には様々な悩みがありますね。これらは事前に知っておくだけでもいざという時慌てずに対応が出来る事もあります。また、様々な相談機関を知っておくことも大切です。

「予防接種を受けられない時ってどんな時?」
 さぁ今日は予防接種を受けに行こう!と思ったら37.3°の微熱…これってリスケした方がいいの?でも、今後の予定が崩れてしまうと悩むことがあると思います。予防接種を受けられない時をご紹介しましょう。

・発熱している(37,5°以上)
・下痢をしている
・吐き気がある


ただし、発熱といっても子どもの平熱は平均して36.6°~37.3°と高く、病院に到着して上着や重ね着をしすぎているとつい体温が上がってしまう事もあるので、計りなおしてみることも一つです。また、いつも元気であればいいのですが、軽い咳や鼻水など風邪をひいている場合は、自己判断せず、必ず医師と相談して決めましょう。
「もしも副反応が起こってしまったら」 予防接種につきものの副反応。代表的なものは熱が出る、接種した場所が赤く腫れるなど。他にも接種箇所にしこりが出来たり、かゆみが出たり、赤ちゃんの機嫌が悪くなる事もあります。あまり心配しすぎなくて良いこともありますが、きちんと赤ちゃんの様子を観察し、見極めが難しい場合は予防接種を受けた医療機関、もしくは夜間の場合は小児救急電話で相談すると良いでしょう。
□小児救急電話相談(#8000)https://www.pref.chiba.lg.jp/iryou/soudan/shouni.html
平日、休日ともに19:00~翌朝6:00
上記のお悩み以外にも「定期接種と任意接種」、「同時接種について」、「スケジュールの遅れ」、「予防接種手帳を持っていない」等々、気になる予防接種の質問は市川市の保健センター疾病予防課に気軽に電話で相談することもできます。
分からない事や悩んだ時はぜひ活用しましょう。
□市川市保健センター疾病予防課  予防・急病担当
(直通)電話:047-377-4512
また、2017年6月18日(日)に行徳文化ホールI&Iでハッピーマタニティフェスタin行徳が開催されます。
妊婦さんから生後3ヵ月くらいの赤ちゃんを対象にしたイベントです。
午後1時30分から小児科の先生の予防接種に関するミニ講座が開かれます。
他にも楽しいイベントが盛りだくさん。
ぜひご参加ください。
URL⇒https://ameblo.jp/ouenmesseichikawa/

B型肝炎が公費助成に

平成28年10月1日よりB型肝炎ワクチンが定期接種化されました。
公費にて無料で接種を受けられ、生後2か月から合計3回接種します。
1回目と2回目の間隔は4週間、1回目と3回目の間隔は20~24週間です。
ヒブや肺炎球菌、ロタウィルスワクチンと同時接種が可能です。忘れずに接種しましょう。

里帰り出産など県外等で予防接種を受ける場合

里帰り出産をされる方など、市川市以外の医療機関で予防接種を受ける場合、予防接種依頼書が必要になります。
有料で接種された場合は払い戻し制度があります。
詳しくは、こちらをご確認ください。
http://www.city.ichikawa.lg.jp/pub10/1111000090.html

今回、『いちかわっこ予防接種スケジュールナビ』や予防接種について、市川市保健センター疾病予防課にお邪魔して、お話を聞かせてもらいました。

5歳、10ヶ月の二児の母として、とても参考になりました。
皆さんにとっても、予防接種の知識としてお役に立てれば幸いです。
list page page top