子育てしながら資格取得にチャレンジ!

子育てしながら資格取得にチャレンジ!
新しい一年が始まりました。

今年はどんな年になるかな、
どんな年にしたいかな、
今年の目標をたてたママ達も多いかもしれません。

今月は、子育てをしながら資格を取得し、
キャリアアップ、再就職、起業をした先輩ママ達をご紹介します。

Mさん、二児のママ/資格:保育士、小学校英語指導者

市内小学校で外国語活動指導員として活躍しているMさん
幼少期からアメリカ、フランス、クウェイト、インドネシアでの在住経験がある帰国子女のMさん、
現在は、市川市を拠点に幼児・小学生向けにレッスンを開催しながら、
市内小学校3校の外国語活動指導員として活躍しています。

<資格取得のきっかけ>
もともとはフルタイムで働いていましたが、自らの海外での経験を活かして、いつか英語教育・グローバル教育に携わりたいという願いもあり、次なるステップの準備として第1子の育休を機に小学校英語指導者資格(J-SHINE認定)を取得しました。
その後、保育園のママ友からの依頼もあり英語サークルを始めましたが、初めは子供たちがレッスンに集中してくれず、子どもたちに英語を教えるには、語学力だけでは足りないと実感。
保育士のお友達が子どもと接する様子を見て、小さな子どもたちに英語を教えるには、年齢に合った接し方を学ぶ必要があると感じ、第2子の育休中に保育士の資格を取得しようと思ったことがきっかけです。

<保育士の勉強について>
学科の勉強は、子どものお昼寝中や、夜に子どもを寝かしつけてから勉強していました。
いくつかの学科は日々の育児がそのまま活かせるものもありました。
実技対策では、自分の子どもに絵本の読み聞かせをすることで準備ができました。
学科の内容も乳幼児を育てるママにとても役に立つ内容が多かったので、勉強しやすかったのですが、理論については、暗記するしかないので、試験直前は集中してがんばりました!

<小学校英語指導者資格を目指した理由>
2020年度以降、次期学習指導要領では小中高を通じて英語教育が強化される予定です。
日本の子供達がグローバルな社会で活躍するためには、小学生のうちから国際感覚と国際理解を深め、コミュニケーション能力を身につけることは必須だと思います。
だからこそ小学校の英語指導者の果たすべき役割は大きく、またそのやりがいは計り知れないものだと感じたからです。

https://www.facebook.com/bridgetoenglishjapan/


Mさん、一児のママ/資格:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとして活躍中のMさん
Mさんは、パートをしながらFPの資格を取得し、現在は、ファイナンシャルプランナーとして、40代・50代女性のお金の不安・悩みを解決するなど個別相談をメインに活動しています。

<資格取得に向けて>
FPの資格は、通学は無理だったので通信教材で受講しました。
パートが保険事務だったので仕事で被る分野については順調に進みました。
勉強できる時間の確保は、基本的に夜です。
息子が小学校低学年だったので“勉強の習慣を身につけて欲しい”という願いから、宿題などしている時間に隣に座ってママも勉強するね、と意図的にしました。
また、学研教室に通っていたので、お互いに目標を決め、息子は学研○級、私はFP2級というように、
今振り返ると、周りを巻き込んで勉強する環境にしていったんですね。
パート先の保険代理店の社長がAFPの資格を取得したら資格手当をつけると仰ってくださったのもモチベーションの一つになりました。

<起業のきっかけ>
夫の扶養控除を外れるかもしれない、法律改正で扶養控除がなくなるかもしれない、、、
など外的環境の変化で左右されない働き方を模索した結果として起業しました。
基本、ノーリスクを考えていたので、自分でできることは自分で起業の準備をしました。

ブログ“40代・50代女性の不安を解決するお金の話〜副業・起業・家計・老後〜”
http://ameblo.jp/mihara-fp

Sさん、二児のママ/資格:フラワーアレンジメントのディプロマ・認定講師、幼稚園教諭

フラワーのアレンジメント講師のSさん
結婚を機に幼稚園教諭の仕事を退職し、出産後に市川市に引っ越してきたSさん、
現在は、ご自宅でフラワー教室を開き、地域の支援センター等で子育て中のママ達にフラワーアレンジを教えています。
また、最近では、幼稚園教諭の資格を活かして、幼児教室の講師として働き始めました。

<プリザーブドフラワーを始めたきっかけ>
出産後に引っ越してきて、ひきこもりがちになっていたことと、楽しめる自分時間が欲しかったからです。

<子育てをしながら教室を受講する上で大変だったこと>
当時1歳と3歳になる二人の息子を一緒に通わせていただける教室探しが大変でした。優しい先生と、気さくな生徒さんたちが通っている教室に巡り会えて幸せでした。

<ディプロマ取得に向けて勉強する時お子さんは?>
子どもが起きている時は集中も出来ないので、彼らが寝ている明け方午前4時から6時の間に集中して実技のブーケ作りや筆記試験の勉強をしました。

Sさんのアレンジメント教室の様子
<子育てと勉強の両立で工夫したこと>
1日で覚えたいことをはっきりと決める。
目標がはっきりしていないと忙しさに流されてしまうため。
1日のタイムスケジュールを決めてそれに基づいて動く。
子供たちが小さい時はお昼寝タイムもあったので、彼らが小さかったが故の私時間もとれたように思います。
お昼寝の間に夕飯の支度を済ませるようにしていました。
余った時間は勉強にあてていました。

<幼児教室勤務のきっかけ>
息子たちが大きくなるにつれて、働ける時間がふえたこと。
持っている資格、スキルを活かせる仕事だと思い、採用試験を受けました。

<子育てと働くことの両立>
我が家では、それぞれが頑張っている事、好きな事は家族みんなでサポートしあおう!という事になっています。
わたしが働くにあたっても、息子2人と主人のサポートのおかげです。
ですから息子や主人の好きな事、頑張っている事にはわたしも精一杯わたしにできる事で応援しています。

ブログ“iKKaのブログ”
http://ameblo.jp/ikka0921/

いちカフェ@ウィズ
子どもが小さい時は育児に専念しながらも、自分の時間を楽しむために、また、将来の自分のキャリアのために、育児をしながら資格取得にチャレンジした先輩ママ達をご紹介しました。

いちかわ子育てネットワークでは、市川市との共催で、毎月第3木曜日に男女共同参画センターで「いち☆カフェ@ウィズ」を開催しています。
このイベントは、ちょっと前を歩く先輩ママのお話を聞きながら、家庭と仕事について、子育てとキャリアについてなどを話す機会となっています。
先輩ママ達のお話しを聞くことで、新しい考えや何かを始めるきっかけになると思います。

詳細は、市川市のホームページやいち☆カフェ@ウィズのFacebookページをご覧ください。

市川市のホームページ
 http://www.city.ichikawa.lg.jp/gen05/1111000045.html
いち☆カフェ@ウィズFacebookページ
 https://www.facebook.com/ichicafewith/

list page page top